So-net無料ブログ作成
検索選択
チェロ ブログトップ

チェロの練習 [チェロ]

今日はチェロのレッスン日。先生のお宅まで自宅から一時間かかるのだけど習い続けたいな、と今日も思いつつ家路についた。家の近所の某スクールでもチェロのレッスンやっている所はあるのだけど、以前、体験レッスン受けた時に、そこの先生に「早く上手くなりたいのでプライベートレッスンの方がいいと思うのですが。」と言ったら、「え?上達したいんですか?」との先生のお答えというか質問が返ってきた。教える技術うんぬん以前にこれはダメだと思ったのでそこでのレッスンは諦めた。本当は近所でできれば、自分の楽器持っていけるから良いのだけどなぁ。

チェロを習い始めて早2年弱、ずーっとプライベートなので、レッスンはかなりマイペース。今年は仕事で忙しくてあまり進まなかった分、年内にある程度進んだと言える様、今月から遅れを取り戻すべく頑張っている。ウェルナーの教則本はまだ半分しか進んでいない。先生には自分が他人より遅い方なのか聞いたことはない。聞いたからといって、安心したり劣等感を感じてもなんのたしにもならないし。自分で出来る限りをやるしかないだろう。

グループレッスンだときっと、一緒のメンバーによってワイワイ楽しかったり、プレッシャーで辛いものだったりするのだろう。自分の覚えの悪さやリズム感のなさとか、かなり自覚してるけれどプライベートレッスンしか受けた事ないから、周りに迷惑かけて劣等感で落ち込むということもなく、なんとかここまで続けられたのだろうけど、チェロ仲間がいたら楽しいだろうな。

今の先生は音大生、オケのメンバー等、中上級レベルの生徒をたくさん教えてる様だけど、学生時代音楽の成績を1か2しか取った事のない音楽オンチ且つ超初心者の私のような者にも、厳しいながらも熱血指導してくださるのでとてもありがたい。付点付き四分音符の長さや、3拍子のリズムを手拍子で練習したり、チェロの技術以前の音楽の初歩の初歩をなかなか憶えられない私に何度も繰返しいろんな方法で説明して下さる。これだけリズムが覚えられない生徒を教えるのはかなり大変だろうなと思う。

最初、全然楽譜が読めなくて先生の演奏を録音してそれを覚えて練習していたけれど、今年の春頃からは時間かかっても良いから自分で楽譜を読めるようにと、先生の録音なしで簡単な楽譜で自分で予習して練習してくるのが課題になっている。私の場合、音程はさほど問題ないようであるけど、音符通りの長さで弾くのがとっても難しい。苦しんではいるものの、この1週間くらい急に、弾きながら数えてリズムをとるというのが出来る様になって来た感じ!これは進歩だわ。こうなると練習も楽しくなってきて、弾いてみたい曲の楽譜など広げて、夢想なんぞしてみる。(まだ弾けないので)

一番苦手な分野である音楽だけど、憧れの末ついに40代デビューのチェロ。日々、苦戦してはいるものの生活の楽しい一部になっている。自分が弾くようになったら他の人の演奏を聴くのもぐっと楽しくなった。来年も楽しく続けられますように。


my チェロ子 [チェロ]

4月に購入したチェロを後で公開するとかなんとか言ってそのままになっていましたので、やっとアップします。なかなか上手く写真が撮れず、ここまで遅くなってしまいました。(言い訳) 結局撮った写真も夜撮ったので実際の色より濃く写ってます。メーカーの写真(リンク)もよろしければ御覧下さい。って、前にチェロの事、質問して下さった方はもう諦めてもうこのブログ見てないかも。(^-^; ごめんなさ~い。

 

購入したチェロはイーストマン605の7/8サイズです。うちのチェロ子ちゃんはこのHPの写真より色がもっと明るいです。指の短い私にはフルサイズよりも弾き易くて分数サイズにして良かったです。弓は、やはりこれもイーストマンのゴールドモデル200だと思います。(写真の一番下)

定価でチェロが40万と弓が20万のところを、渋谷の弦楽器店マリオルッチさんで2割引くらいで買ったと思います。(記憶があいまい) 予算がこれでめいいっぱいだったのでハードケースは諦めて、比較的頑丈なソフトケースを購入。こじんまりとしたお店でHPがないのですが、良心的な店長さんです。長い事いろいろな弓を試しに弾かせて頂いた末、私が弓もイーストマンを選んだら、「二人とも(チェロと弓の事)同じ中国の工場で生まれた者同士が、また出会って結婚するんだね。」と笑顔でおっしゃって、とっても素敵な店長さん!と思ってしまった。

最近は週1,2回しか練習できないのだけど、チェロをはじめて本当によかった。チェロの音はヘタクソな私が弾いても優しい音で、癒されるのです。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

遅っ~ [チェロ]

って、誰かさんのブログのタイトルちょっと真似マネ。

日曜、弦楽器店で店長さんからいろいろと丁寧に説明してもらい、いくつかチェロ弾かせてもらったり弓もみせてもらった。仮見積りももらって、メーカーに在庫があるかわかりしだいfaxくれるということになる。が、月曜も火曜も楽しみにして家帰って見てもfax来てない。普通、在庫がないならないで、その旨連絡下さいな~、と思いつつ電話してみる。

店長は不在だったので電話口に出たお兄さんに、事情を話すと、もうブツは来てるらしい、なにやら現在弦の調整中だそうだ。そーなんなら、早く教えててよ!と、内心思う。だって在庫が日本になければ1ヶ月以上先になるかもだし、あるなら支払いのお金準備しなきゃだし。こっちも予定っつうものがあるのにさ。最近忙しいせいか、せっかちになってきたのかしら。

でもまぁ、店長さん悪い人ではなさそう。商売っ気がないという感じでこっちがもどかしくなるくらい。お店は非常にいいところにあるのにHPも作ってないし店も看板があるんだかないんだかで非常にわかりにくい。某有名楽器店よりも値引率もよさそう。しかし、連絡の対応がなってないよん。

どうなってるんだか、至急連絡乞う。


マイチェロ [チェロ]

チェロをはじめて一年とちょっと、飽き性の私がいつまで続けられるかわからなかったので今までチェロはヤマハレンタルしていた。そのレンタルの契約が6月までなので、このままチェロを続けるのなら、そろそろマイチェロ購入の為、物色しだした方が良いかもと思い、今日のレッスンで先生に相談した。

早速知り合いの弦楽器屋さんに電話して下さった。丁度、ついさっき予算に合うまだ1年くらいしか使ってない状態の良い中古が入ったとの情報。今日はこれから用事があるのでいけないけど、明日見に行かせて頂きたい旨、伝えてもらった。先生は今日見に行って、後で私に報告下さるとのこと。先生が見て良い物でなければ明日私は行く必要ないとの事。いい先生だ。

そして、夕方電話が来た。どんなのだろうと、私はワクワクで「先生、どんな感じのでした!?」と聞く。「チェロみたいな感じだよ。」と、先生。「そりゃそうですよ、バイオリンみたいな感じだったら困ります!」と、ちょっともったいぶってる風な先生の冗談に怒る。「初級レベルにはちょっともったいないくらい良いぞ~。でも、ちょっと大きめなのが気になる。他の7/8サイズも弾かせてもらった方がいいよ。」とのこと。

以前から先生は私の体と手の小ささから弾き易いサイズとして7/8サイズを勧めていた。でも、どうしてもこれじゃなきゃダメということでもないそうなんで、後は自分で決めるしかない。でも、7/8は出回ってる数自体少ないからいい状態の中古が出るのを待ってたら時間かかるかもしれないな。普通サイズで、ぐっとお得になってる中古か?それとも弾き易いといわれる7/8サイズか??迷う!

7/8サイズの問題としては、普段それで自宅で練習して、レッスンでは先生宅で借りて使うのは普通サイズなので、どうしても違いがでるそうだ。かといって、自分のチェロを遠い先生宅に毎回持参するほど力持ちじゃないし。

とにかく明日見に行ってこよう。


なまけチェロ [チェロ]

チェロが壊れてる為、一週間練習してない。なのに大胆にもレッスンへ行った。休んだらもったいないし…。ボーイング(弓の動かし)が、ダメダメ~、他の弦まで触れてしまう。目と頭が楽譜に追いつかない~。1週間のさぼりは大きい。

よって、先生の機嫌も悪かった。チェロが壊れたというのは理由にはならない。練習しようと思えば有料だけど、スクールの練習用の部屋でチェロを借りて、することができるし…。一週間弾いてなかったから爪が伸びてるのも、先生は気に入らなかったようだ。(と、いっても2mmくらいしか伸びてないけど。)なんか落ち込んでしまい、今年最後のレッスンだというのに帰る前、先生に年末の挨拶忘れた。あーあ。

チェロをはじめて触ったのが、ちょうど去年の今頃。早いなー、もう1年か。何事も習い始めは練習しただけ成果が現れるから、楽しい1年目だった。来年の今日も、まだチェロ続けてるんだろうか。上達はしてるんだろうか。一年後の自分、想像できない。

学問の道は険しく、芸の道もまたきびし。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
チェロ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。